ケアマネージャーとは?

ケアマネージャーとは2000年4月に介護保険制度が始まる時に新しく誕生した公的資格の一つです。正式名は「介護支援専門員」といいます。

ケアマネジャーは、要介護者(利用者)の依頼を受けて、利用者の立場にたった最も適切なサービスを組み合わせた計画 (ケアプラン)を作成し、総合的なコーディネートやマネジメント管理してゆくのが仕事です。

介護が必要な人やその家族と介護サービスを提供する施設や業者とをつなぐ役割を担った介護保険制度の中核を担う重要な専門職になります。


ケアマネジャーの資格を取るには医療・福祉関係での一定期間に渡る「豊富な実務経験が必要」なため、なりたいと思ってすぐになることはできません。それまでの職種と兼任して業務を行うこともあります。

資格ができてから今に至るまで圧倒的な売り手市場の仕事で、他の職種に比べるとかなり就職はしやすい環境にあり、医療・福祉業界の中でも人気資格の一つになっています。

スポンサード リンク