仕事内容

ケアマネージャーは、介護ケアを必要とする家族の負担も考慮しつつ、要介護者(利用者本人)が自立した生活を送る事ができるために、最適なケアが受けられるように、連絡の調整、各コーディネートやマネジメント管理をすることが仕事です。

■利用者との面談・相談
■認定申請代行と訪問調査業務 (要介護認定を受けるための)
・調査票の記入
・アセスメント(課題分析)
■ケアプランの作成 (介護サービス計画の作成)
・介護サービスを提供する施設や業者との調整
・ケアサービスの実施
・カンファレンス
・スケジュール調整
・要介護認定の更新などのサポート全般


と、働く職場・施設によって若干の違いがでてきますが、大体こういう流れになります。


特に要介護者が最適なケアが受けられるための、家族の負担軽減のための「面談・相談」と「訪問調査」、「ケアプラン作成(介護サービス計画の作成)」は重要で、メインの仕事内容になります。

またそのためのチーム編成も大事な仕事の一つです。


書かなくてはならない事務書類の多さに悩まされ、他の仕事をおろそかにしないためにも、自分自身の管理能力も問われます。

スポンサード リンク