ケアプランの作成

ケアマネージャーの重要な仕事の一つ「ケアプランの作成」。

介護保険制度の施行により、介護認定の申請をし、「要介護」と認定された要介護者は、介護保険サービスを利用する前に介護サービス計画(ケアプラン)を作成する必要があります。


○要介護者との契約

ケアプランの作成は要介護者自身が作成することもできますが、多くの場合要介護者の意見を取り入れながらケアマネージャーと契約し、作成を代行してゆきます。


○アセスメント(課題分析)

要介護者と契約を行ったケアマネージャーは、介護サービス計画(ケアプラン)を作成するにあたって、 要介護者のレベル・状況やニーズ、回りの家族の意向などを把握するために訪問調査します。

居宅介護支援事業者を選び、どんなサービスが必要か?を相談しながら、要介護度に応じて、家庭の負担も考慮しながら、もっとも最適な介護サービス計画(ケアプラン)をいっしょに作ってゆきます。


○ケアプラン(介護サービス計画)の作成

アセスメント(課題分析)を行なった後、サービス計画(ケアプラン)の原案を作成。


○その後

必要なサービスの選択(要介護者中心。他家族に)
   ↓
ケアプランの原案に基づいて、サービス担当者会議(ケア・カンファレンス)を開催
   ↓
サービス利用票・別票(1ヶ月のサービス利用の計画書)を作成
   ↓
ケアプランに沿ってサービス開始

という流れになります。

スポンサード リンク