主任ケアマネージャーになるには

今ケアマネの世界で注目の職業が「主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)」。平成18年度に新設されたばかりの新しい職種で、ケアマネージャーのまとめ役的存在になる専門職です。

主な仕事内容は、新人ケアマネージャーの指導・育成・相談に始まり、介護が必要な方のケアプランを作成する際の各サービスの調整や内容の管理など多岐に渡ります。

主任ケアマネージャーになるための条件は、ケアマネージャー(介護支援専門員)としての実務経験が5年以上で、かつ「主任介護支援専門員研修」を受講して修了することでその資格を取得(得る)ことができます。

主任ケアマネージャーになれば主任としての手当てもつくので年収アップも期待できます。また、新しい職種なので先輩の存在も少なく大変な仕事になるかもしれませんが、逆に言えばチャンスとも言えます。

広い範囲の活躍が期待される仕事で、かつやりがい溢れる仕事でもあるので、今後のキャリアアップや目標にするのもいいでしょう。

スポンサード リンク