ケアマネージャー試験概要

ケアマネージャー試験の正式名称は「介護支援専門員実務研修受講試験」と言います。

複雑なのでこちらでも紹介しましたが、この試験はケアマネージャーになるために必要な「介護支援専門員実務研修」を受講する資格(権利)を得るための試験になります。

○試験日程

年1回、毎年10月中~下旬辺り(第4日曜日)に全国一斉に実施されます。

○試験内容

マークシート方式の合計60問の問題で成り立っています。

○受験地・試験受ける場所

現在受験資格があり、受験資格に該当している業務職種に従事している人
 ⇒ 勤務先の都道府県
現在受験資格があり、受験資格に該当する業務職種に従事していない人
 ⇒ 居住している都道府県

○受験料
一般的に6000円~9000円が目安
(一律に定められているわけではなく、都道府県によって異なります)

○申し込み方法

(こちらの記事参照)

○合格発表日

各都道府県別によって若干の違いがあり、また特に決まった日取りはありません。合格通知は郵便にて送られてきます。

年に1回だけなので、受けるプレッシャーも大きいですが、これを乗り切らなくてはケアマネージャーへの道は開かれません。

まずはこのケアマネージャー試験に合格し、実務研修(介護支援専門員実務研修)を受け修了した後、介護支援専門員の名簿に登録されることにより、晴れてケアマネージャーとして活躍してゆくことになります。


第1回の試験開始が1998年と歴史も浅く、その当時は難易度も低かったですが、現在ではケアマネージャー試験に合格することは容易ではありません。

ユーキャンやニチイなどの通信講座をうまく利用して、効率的な勉強をしてゆくのがお勧めです。

スポンサード リンク