実務研修について(介護支援専門員実務研修)

ケアマネージャー試験(介護支援専門員実務研修受講試験)に合格した人は、合格通知と実務研修の案内が来ます。

この実務研修は演習形式を中心に、前期と後期に分かれていて、それぞれ2~3日ずつ、合計35時間以上(6日間)行われます。

この研修を1日でも欠席すると、せっかくケアマネージャー試験に合格しても研修終了とならないので「ケアマネージャー(介護支援専門員)」にはなれません。

現在、職を持っている人は事前にスケジュール調整をするなどして、必ず出席するようにしましょう。

また受講料は各都道府県によって違いがありますので、事前に案内をしっかり確認しておきましょう。

その後

研修終了証明書の交付 ⇒ 名簿登録・介護支援専門員証の交付 ⇒ ケアマネージャーとして介護業務へ!

という流れになります。

この実務研修を修了して、はじめてケアマネージャーとしての資格を取得することになり、現場で働くことができるようになります。

スポンサード リンク